スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かぶる

豆しぼり

図書館でたまたま目に付いた、手ぬぐい専門店「かまわぬ」さんの「手ぬぐい使い方手帳」という本を借りました。

先日京都で、手ぬぐい屋さんの前を通ったのですが時間が無くて見れずだったので、すごく残念に思っていたところだったんです。
手ぬぐい見たかったな・・・そんな思いが通じたのでしょうか。。

本は、拭く、敷く、包む、をはじめ、飾る、巻く、かぶるなどの活用法や、模様の意味、長く使ったヴィンテージ手ぬぐいの紹介なども載っていて、手ぬぐい好きには楽しい内容でした。
そしてかぶり方は8通りも掲載されていて、中には 「これで外は歩けないやろ・・・」 っていうのもありましたが、誰も見ていないし、せっかくなので頭に巻いてみました。

・・・

「どじょうすくい」の定番柄を選んだのが間違いだったのでしょう、きっと。

でも、この「どじょうすくい柄」、私のファースト手ぬぐいなんです。(正しくは豆絞り柄)
使い込んでちょっとクタッとなってますが、手触りの良さとか吸水性とか、乾きの早さとか 「手ぬぐいの良さ」 を教えてくれたのがこれ。
スポンサーサイト

プロフィール

ほおずき

  • Author:ほおずき
  • お仕事で筆文字やイラストを書いてます。
    好きなことは、食べること、つくること、遊ぶこと。

    copyright (c) 2005 hoozukiya all right reserved

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。